厳選!恵比寿グルメマップ
             


リサーチャーの厳しい目と舌と耳と足で選んだ厳選!恵比寿グルメ情報

日々進化を続ける恵比寿界隈の飲食店。あまりの多さに私たちも「今日はどこへ行こう?」と迷ってしまうことが多いのですが、グルメ雑誌には載らないかもしれないけれど、我々ジモティーに愛されている隠れた名店・人気店が多々あります。本当はあまり人には教えたくないのだけれど、このサイトをのぞいてくれた人たちには特別にご紹介しましょう・・・ということでかなり独断に満ちたこのコーナーが誕生しました。必ずしも万人向けではないお店も登場します。ご注意くださいませ。

第1回 接客は不器用だけど蕎麦を打たせたら恵比寿一? 慈 玄

 地元の人でも路地を一本間違えると思いもかけない所に出てしまう裏通りの複雑な恵比寿界隈。そんな中でも探すのが一際難しいのが手打ち蕎麦の隠れた名店、慈玄だ。商店街と呼ぶにはちょっとさみしい裏通り、渋谷新橋商店街の中ほどに「慈玄」はひっそりと佇む。かつて有機野菜などを扱う会社に勤めていた店主の浅見昌治氏が、「自分で何かをやってみたい」という思いから、平成8年にこの店を始めた。

 「玄そばを慈しんで打つ・・・」という意味の店名がなんとも好ましい。浅見氏の蕎麦への深ーい愛情が感じられる。 テーブル、カウンターを合わせても20席にも満たない小さな店だが、自慢の蕎麦やうどん以外にも料理の品数が豊富でしかも安いのが、お酒を飲みながら蕎麦を楽しみたい人には嬉しい。

 蕎麦は浅見氏が毎日40食〜50食分を打っている。せいろ、田舎、変わりそば(ケシの実、ゆず、桜、抹茶など、季節で変わる)の三種類が基本だが私のお奨めは何といってもせいろ(700円)。上品な色、ほのかな蕎麦の香りと甘味、そして歯ごたえが絶品!昆布を使わず鰹節と干し椎茸の戻し汁が基本のつゆは甘すぎず、辛すぎず、ほど良い濃さ。ネギ、大根おろし、ワサビの薬味でいただく。鰹節、昆布、みそ、醤油、砂糖などの調味料類は、そば粉と並び浅見氏が特にこだわりをもって選んでいるとのこと。

 せいろと並び人気なのが鴨汁せいろ(1500円)。軟らかくてジューシーな鴨肉は蔵王の地鴨を取り寄せての自信作。これから冬になると鴨鍋も見逃せない(一人前3500円、二人以上から)。前日までに予約が必要。

 日本酒は有機栽培米で作った五人娘、刈穂、純米吟醸酒の秋こがねなど10種類前後が揃っている。焼酎は蕎麦焼酎と奄美の黒糖焼酎の2種。その他ワイン、梅ワイン、オーガニックビールなども常時おいている。

 そして嬉しいのが30品ほどもある肴の数々。「蕎麦打ちの修行はしたけれど料理の勉強は特にしなかった」という浅見氏の言葉が信じられないほどどれも美味で手ごろなお値段。季節によって料理も変わるので季節感が味わえる。常時メニューに載っているものもたくさんあるが、是非とも紹介しておきたいのがお酒のアテとして絶品のそば焼みそ(400円)。京都から取り寄せた無添加の白みそ、粒甘みそに、花ガツオ、ネギ、そしてクルミと蕎麦米を揚げたものが入っているとか。この焼みそがあるとお酒がいくらでもすすんでしまう。そしてジュウージュウーと食欲をそそる音を立てて運ばれてくる鴨ネギの陶板焼(1,200円)や女性には嬉しいサラダも数種、ちょっと甘めの卵焼きなどなど・・・。

 江戸の時代から蕎麦と言えば庶民の食べ物の代表だ。安くておいしくて気取らずに食べられるのが蕎麦屋の本来の姿だと信じて疑わない私にとって、近頃流行の内装、趣向に凝った蕎麦屋はなんとも落ち着かない。恵比寿にも有名蕎麦店がいくつかあるけれど、やっぱり私たち庶民には慈玄の蕎麦が一番!

 ところで一つご忠告。時間がなくて急いでいる人、ものすごく空腹で一分でも早くお腹に詰め込みたい人、短期な人。こういう人は慈玄向きではありません。何せ調理場には主人の浅見さんしかいないのです。店員さんも一人きり。「お出しするのに時間がかかってお客さんに迷惑をかけてます」と接客があまり得意でない様子のご主人本人も言っています。多少時間がかかってもおいし蕎麦が食べられれば・・・そんな人たちに愛されているのが慈玄の蕎麦なのです。未だに消費税もとらず、日曜日しか休まない誠実営業。ご主人体をこわさないでくださいね。

  写真:「そば打ちの本 2」より
(by オリーブ)
慈玄
手打ち蕎麦 慈玄
【住所】
東京都渋谷区恵比寿 1丁目24-9
【電話】
03-3444-7088
【URL】
http://www.l-h.co.jp/soba/jigen/
【営業時間】
11:30-14:30、17:30-22:30(21:30 L.O.)
【定休日】
日曜日(年末は31日まで)
【予算の目安】
\3,000 - \5,000(食べて飲んでの値段です。)
【アクセス】
JR恵比寿駅東口駅
渋谷新橋商店街の中ほど。 (わかりにくいので電話で確認することをお奨めします。)
      
 


Copyright(C)2002 K2 mesh, Inc. All Rights Reserved.